歯のセルフケア

自分の歯を健康に維持していくには、毎日のセルフケアが重要です。毎日の正しいケアなくしては、健康な歯を保つことは出来ません。しかし、自分で出来るケアには限界があります。一生涯に渡り自分の歯を維持していこうと考えているなら、歯科医によるケアが必要になります。歯は、自己再生力がありません。そのため、歯科医による口中ケアや治療を受けなければ、症状は悪化していきます。虫歯や歯周病等は自覚症状が乏しいため、定期的に歯科医師によるケアを受けていないと、気がついた時には症状がかなり進行している場合があるのです。歯へ健康意識が高まる今日、予防治療として歯科へ通う方が増えています。「歯科とは、悪くなった歯を治療する場所である」という意識だけでなく、予防治療を行なうためのものであるという認識が広まってきたのです。

セルフケアだけで口中の健康管理をするには、限界があります。自分で口中を観察することは不可能ですし、専門的な知識も必要となります。健康な歯を維持するためには、歯科医による定期検診が必要なのです。歯科医による定期検診は、気軽に受けることが出来ます。歯の状態を検査してほしい旨伝えれば、一通りのチェックをしてもらえます。歯の掃除から治療の必要性の有無まで、教えてもらうことができます。今日の治療の主流は、歯を抜かない・削らない方向になっています。症状によっては、しばらく様子見のケースもあります。そのような場合もあるので、定期的に歯医者へ通うことは重要なのです。今現在、これといった口中トラブルがなくても、定期的な検診をうけることが大切です。歯をいつまでも健康に保つには、歯科医によるケアが必要なのです。